相談無料・秘密厳守!任意売却ならお任せ任売ナビへ

お任せ任売ナビだからできる6つのこと
お任せ任売ナビだからできる6つのこと
その1 金融機関との交渉代行
その2 住宅ローンの借り換え斡旋
その3 任意売却による残債の大幅削減
その4 債務整理によるその他債務の整理
その5 お客様にとっての最善策を提案
その6 相談無料24時間対応

支払いに行き詰った住宅ローンの問題を
解決する方法はひとつではありません。

日本全国、地域ごとに
「借り換え斡旋会社」「不動産会社」「法律事務所」の
確かなネットワークをもつ
当センターだからこそ、
お客様の住宅ローン問題を、
お客様にとって最良の方法で解決します!

差し押さえや競売になる前に、無料相談を 相談無料×24時間対応 ご相談はこちらから

住宅ローンの問題は対応が遅くなれば遅くなるほど、金銭的に不利になります。

ご相談はお電話でも
受け付けています

受付時間:24時間対応年中無休

無料相談 全国対応 フリーダイヤル

0120-153-851

お任せ任売ナビTOPへ戻る

お任せ任売ナビ 6つのポイント

その1 金融機関との交渉代行
金融機関との交渉代行

確かにご自身で金融機関と交渉することもできますが、相手はプロ。
なかなかうまくはいきません。

相手がプロなら、こちらもプロで対抗しましょう。

任売ナビなら専門の住宅ローンプランナーが、お客様の返済額軽減および金利上昇リスク軽減のみならず、お客様の現在の状況やライフプランを考慮した住宅ローンプランをご提案いたします!

その2 住宅ローンの借り換え斡旋
住宅ローンの借り換え斡旋

ひとえに住宅ローンの借り換えといっても、たくさんのローン商品がある現在では、ご自身で最適な住宅ローンを選ぶことは困難です。

任売ナビなら専門の住宅ローンプランナーが、お客様の返済額軽減および金利上昇リスク軽減のみならず

お客様の現在の状況やライフプランを考慮した住宅ローンプランをご提案いたします!

その3 任意売却による残債の大幅削減
任意売却による残債の大幅削減

住宅ローンの返済が滞ると金融機関は、借り換えはもちろん、(オーバーローンの場合)不動産の売却にも応じてはくれません。

大切な不動産が競売で売り叩かれてしまうのは絶対避けたいところ。

任売ナビなら、金融機関との交渉から不動産の適正価格での売却まで、任意売却にかかわるすべてを万全サポートし、お客様の残債の大幅削減をお約束します!

任意売却について詳しく知りたい
その4 債務整理によるその他債務の整理
債務整理によるその他債務の整理

住宅ローンの支払いが滞るケースのほとんどが、その他の債務(借金)にも悩まされています。

それはクレジットカードローンだったり、子供の教育ローンだったり、車のローンだったり……。

任売ナビにご相談いただければ、その他の債務についても、金融機関との交渉実績が豊富な法律の専門家月々の支払い額の圧縮利息免除債権放棄などをお客様にかわって交渉します!

その5 お客様にとっての最善策を提案
お客様にとっての最善策を提案

住宅ローンの問題を解決する手段はひとつではありません。

なかには借金問題のすべてを、考えなしに自己破産で処理してしまう悪徳な法律事務所も存在すると聞きます。

しかし、任売ナビにご相談いただければ、お客様の置かれている現状をしっかりと認識したうえで、「滞納前なら借り換え」「滞納中なら任意売却」「その他の債務や任意売却後の残債の問題は債務整理」など、段階に応じ、お客様にとっての最善策を提案し、実行いたします!

その6 相談無料24時間対応
相談無料24時間対応

まだどうにかなる……。
まだ時間はある……。

などと考えていると、時間はあっという間に経ってしまいます。住宅ローンの問題は着手が遅れれば遅れるほど金銭的に不利になってしまいます。

手持ちのお金が0円でも全く問題ありません

任売ナビは、相談無料&24時間対応なので、少しでも不安を感じたらお気軽にご連絡ください。

差し押さえや競売になる前に、無料相談を 相談無料×24時間対応 ご相談はこちらから

住宅ローンの問題は対応が遅くなれば遅くなるほど、金銭的に不利になります。

ご相談はお電話でも
受け付けています

受付時間:24時間対応年中無休

無料相談 全国対応 フリーダイヤル

0120-153-851

お任せ任売ナビTOPへ戻る

以下のような不安を少しでも感じていたら、手遅れになる前にご相談を!

  • 不況でボーナスカットになり、ボーナス払いの支払いができそうもない。
  • 転職をして給与が減り、今まで通りに返済していくのが難しい。
  • 離婚をすることになったが、残ったローンを一人では払っていけない
  • 事故や病気で長期間働くことができなくなった。今後の支払いメドが立たない。
  • 子供の成長にあわせて支出が膨らみ、ローン返済に充てるお金がない。
  • 定年後に一括返済をする予定だったが、退職金がカットされた。 etc……

一人で悩んでいると、不安だけが増すばかり……
まずはお気軽に無料相談をご利用ください!
専門スタッフが親身に対応いたします!

差し押さえや競売になる前に、無料相談を 相談無料×24時間対応 ご相談はこちらから

住宅ローンの問題は対応が遅くなれば遅くなるほど、金銭的に不利になります。

ご相談はお電話でも
受け付けています

受付時間:24時間対応年中無休

無料相談 全国対応 フリーダイヤル

0120-153-851

お任せ任売ナビTOPへ戻る

以下のようなケースの場合は一刻の猶予もありません。とにかく早急にご相談ください。

ケースその1:深刻度★★★

銀行やローン会社 から 督促状・催告書が届いた

催告書

住宅ローンの支払いが滞ると、ローンを借り入れている銀行やローン会社から「支払いがなされていない旨」のお知らせが届きます。

延滞初期ではお知らせの文面は丁寧で差し障りのない内容なのですが、以降も滞納が続くと文面が次第に厳しい内容になり、文書のタイトルが「督促状」や「催告書」という具合に変わります。

「督促状」や「催告書」を受け取ってなお滞納が続くと、ローン債権は銀行やローン会社から保証会社へ譲渡(代位弁済)され、一気に競売まで進んでしまいます。

この状態まできてしまうと、さすがに住宅ローンの借り換えを行うことはできませんが、まだ「任意売却」で競売を回避することは十分可能です。

この「督促状」や「催告書」が届いた段階で早急にご相談いただければ、打てる手立てはたくさんあります!病気の治療と同じく、住宅ローン問題も対応が早ければ早いほど効果的!

一人で悩まず、勇気をもってご相談ください!!

ケースその2:深刻度★★★★

ローン保証会社 から 「期限の利益喪失」の通知が届いた

「期限の利益喪失」の通知

これは「ローンの返済について」などと銘打たれたローン保証会社からの書類で、「債権が銀行やローン会社から代位弁済によってウチに移った」「期限の利益喪失したので、残債を一括返済して欲しい」という内容になっています。

期限の利益喪失とは、ローンを組んだ際の「返済期限までは一括ではなく、分割払いで構いません」という契約(債務者にとっての利益)が、滞納および債権の譲渡によって喪失した。ということを意味します。

当然、月々の支払ができずにこのステージまできてしまっているので、一括弁済など出来るはずもありません。そして、この通知受け取った後、約1か月ほどで最後通告となる「競売開始決定」の通知が届いてしまいます

残された猶予期間は残りわずかですが、まだなんとか間に合います。「自宅を失って多額のローンが残る」という最悪の結末を回避するためには迷っている暇はありません!

ケースその3:深刻度★★★★★

裁判所 から 「担保不動産競売開始決定」の通知が届いた

競売開始決定通知

この書類は俗に「競売開始決定通知」と呼ばれ、住宅ローンを代位弁済した債権者(保証会社)が少しでも多くの債権を現金で回収するために裁判所に競売を申し立て、裁判所がそれを受理したことを知らせる書類となります。

この書類を受け取ってもスグに競売が開始されるわけではありませんが、概ね6カ月内にご自宅が差し押さえられて競売となり、ご自宅は人手に渡って、最悪の場合、強制退去を命じられてしまう可能性があります。

ただ、実際に競売が始まる前に任意売却を完了させることは不可能ではありません

書類がお手元に届いていたら、至急、ご連絡ください!

「まだ6カ月ある」と悠長に構えていると、あっという間にご自宅を二束三文で売り叩かれたうえに多額の残債が残り、準備もできないままに自宅を追い出される……なんてことになりかねません!

差し押さえや競売になる前に、無料相談を 相談無料×24時間対応 ご相談はこちらから

住宅ローンの問題は対応が遅くなれば遅くなるほど、金銭的に不利になります。

ご相談はお電話でも
受け付けています

受付時間:24時間対応年中無休

無料相談 全国対応 フリーダイヤル

0120-153-851

お任せ任売ナビTOPへ戻る

任意売却ってなに?

住宅ローンが払えなくなると、金融機関はローン債権を保証会社へ売却し、保証会社は少しでも債権を現金で回収するために裁判所を通じて住宅を差し押さえ、最終的に住宅は「競売」にかけられてしまいます。

競売にかけられた住宅は二束三文で売却されてしまいます。

すると、多額の住宅ローン残債が残ったうえで、一文無しで家を追い出されるという最悪の結果に陥ります

この競売を避けるための手段が「任意売却」です。

任意売却とは、住宅が競売で落札される前に債権者と交渉して了解をとったうえで、お客様ご自身の意思(任意)で住宅を売却できる仕組みのことをいいます。

任意売却とは
オーバーローンの状態では、住宅を売らせてもらえません!

「住宅ローンが払えなくなったら売ればイイだけ」と安易に考えていると、思わぬ落とし穴にハマってしまいます。

住宅ローンの残債が住宅価格を上回っている(オーバーローン)場合、住宅ローンを借り入れた金融機関は抵当権の抹消に応じてくれません。言い換えると、オーバーローンの場合、金融機関は住宅を売らせてくれないのです。

オーバーローンの場合は、法律家が金融機関と抵当権の抹消などについて交渉する、任意売却による売却しか道はありません!

オーバーローン

任意売却のメリット 競売のデメリット

早めにご相談いただき、
任意売却が間に合えば……
任売却のメリット
  • (1) 市場価格で不動産を売却できる!
  • (2) 近隣にローン滞納をバレずに売却できる!
  • (3) 引っ越し費用を確保し、退去時期を相談できる!
  • (4) 強制ではなく、自分の意志で決断できる!
  • (5) 売却後も、そのまま住み続けられる可能性も!

↓

住宅ローン問題を解決し、人生を再スタート!
問題を放置してご自宅が
競売にかけられてしまうと……
競売のデメリット
  • (1) 売却価格が市場価格の2割?5割に……
  • (2) 裁判所の調査等で近隣に事情がバレる……
  • (3) 突然の退去命令でご自宅を追い出される……
  • (4) 自宅を失うばかりか、多額の残債が残る……
  •  

↓

計売で自宅を失うと多額の残債が残り、そのまま自己破産に陥ってしまうケースが多く見られます・・・
差し押さえや競売になる前に、無料相談を 相談無料×24時間対応 ご相談はこちらから

住宅ローンの問題は対応が遅くなれば遅くなるほど、金銭的に不利になります。

ご相談はお電話でも
受け付けています

受付時間:24時間対応年中無休

無料相談 全国対応 フリーダイヤル

0120-153-851

お任せ任売ナビTOPへ戻る

Q&A よくあるご質問

Q.諸事情によって住宅ローンを払えなくなった。どうすればイイ?
A.

事情やお客様の生活環境によって、可能な対応は異なります。

まずは無料相談で、支払い状況や残債等の状況をお伝えください。
その際にご希望もあわせてお伝えいただければ、お客様にあった最善策をご提案させていただきます。

Q.費用はどれくらいかかるの?
A.

状況に応じてかかる費用は異なります。

ただし、借り換えの場合なら抵当権抹消費用等の諸費用に当センターがいただく報酬を上乗せしてローンを組み直すため、ご相談時にお客様にご用意いただくお金は0円です。

また、任意売却(※)の場合も物件の売却価格より諸費用とあわせて差し引かせていただくため、ご相談時にかかるお金は0円です。
※住宅ローンのほかに債務があって、あわせて整理する場合も同様に物件の売却価格から報酬を清算します。

よって、どのようなケースでも直接お客様へ費用を請求することはございませんので、お気軽にご相談ください。

Q.住宅ローン以外にも借金があって、何から手を付ければイイかわかりません。
A.

任売ナビでは、これまで培ってきた士業(司法書士や弁護士等)ネットワークを活かし、住宅ローン以外の債務のご相談も承っています。

住宅ローンが払えず、急場しのぎで借り入れてしまった消費者金融の債務等も解決可能です。

「どのような優先順位で債務を整理するべきか」等のご相談も、法律の専門家がお受けいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

Q.裁判所から競売開始決定通知が届きました。まだ競売を回避することは可能ですか?
A.

通知が届いたばかりであれば、任意売却が間に合う可能性は十分あります。

ただ、一刻の猶予もありませんので、裁判所から通知が届いている方は、とにかく急いでご相談ください。

Q.どうしても自宅を手放したくないのですが、どうにかなりますか?
A.

自宅を手放さずに住宅ローン問題を解決するのは不可能です。
ただ、状況にもよりますが、任意売却後もご自宅に住み続ける方法はなくもありません。

まずはお気軽にご相談ください。

Q.任意売却後は住宅ローンを払わなくてもイイのですか?
A.

任意売却で住宅ローンを完済できなかった場合は、残債を払う必要があります。

ただし、競売になってしまうと任意売却よりも売却価格が大きく下がってしまうため、結果的により多くの残債が残ってしまいます。

また、任意売却時に交渉を行うことで、無理のない残債の支払い計画を立てることが可能です。

とにかくお早めにご相談ください。

Q.任意売却後の引っ越し先が不安なのですが?
A.

ご安心ください。任売ナビではご自宅売却後のお引っ越しも完全サポート致します!

全国に張り巡らされた不動産業界ネットワークを活用し、元のお住まいの近隣賃貸物件の紹介はもちろんのこと、他県への移住をご希望される場合でもご希望条件に沿った物件を複数紹介し、お引っ越し完了までのすべてをお手伝いいたします。

差し押さえや競売になる前に、無料相談を 相談無料×24時間対応 ご相談はこちらから

住宅ローンの問題は対応が遅くなれば遅くなるほど、金銭的に不利になります。

ご相談はお電話でも
受け付けています

受付時間:24時間対応年中無休

無料相談 全国対応 フリーダイヤル

0120-153-851

お任せ任売ナビTOPへ戻る

ご相談~問題解決までの流れ

ご相談~問題解決までの流れ

任売:問い合わせ

* 記入必須項目

*お名前


*ふりがな


*お電話番号


※「-(ハイフン)」は省略した形でご入力ください 例)0120303547

*メールアドレス


*物件所在地


*物件種別


築年数


*お借り入れ残高

万円
お借入先


※お借入先が3社以上ある場合は【ご相談内容】にご記入ください。

債務状況

滞納状況

ご相談内容

お任せ任売ナビTOPへ戻る